はだ産婦人科クリニック【札幌市/西区・手稲区】無痛分娩にも対応

産科・婦人科・小児科(新生児)・麻酔科

羽田さん通信

最近のコロナのデータやワクチンのこと

2021年02月07日 | 未分類 | 

2021年2月7日 日 晴れ時々雪smileylaugh

あっという間に1月が終了し、1週間がたちました。
そういえば、1月は33件の出産だったんだけど帝王切開が1件もありませんでした。
おかげで静かな1か月になり、当院築42年目にして、手術室の壁のタイルが落ちるという「事件」に遭いましたが無事に補修工事が終了できました。
もう完治です

外の空気は、2月になって、気温が少し暖かい日が増えてきて、例年よりは雪が少ない印象です。
今年の春は早いかな?

本来なら札幌市のこの時期、「さっぽろ雪まつり」で海外からのお客さんや、日本中からもたくさん観光客が来ていて、賑わっているはず。
ですが、今年は、街中には人影もまばら。

先日、友人の医師に声かけていただき、久~しぶりに夜の街中で飲食の会がありました。
歩いてみてるだけで、シャッターを下ろしているお店がたくさんあって、知り合いの店に電話してみたけど留守電。
休業要請や時短要請に応じて休んだり、早じまいしているようです。
お店の人に話を聞いたら、ススキノ界隈は大変な窮状だと嘆いてました。

でも、手稲の飲食店の経営者さんからも、「あちこちで閉店しているよ」なんて話を聞きます
ただでさえ人も出ていなくてお客さんはいないし、郊外の手稲の場合は、街中みたいに支援金もないから、「商売やめろって言われてるようなもんだ」とあきらめ顔にさえ見えました。
ホントに大変な事態だと思います。

11月に、長く「COVID-19への対応」について私見を述べさせていただきました。
2か月以上が経過し、第3波といわれる感染拡大も大きな被害が出ていると報じられています。
最近の北海道では、何となく感染拡大の勢いは落ち着いたようにも見えますが、実際どうなのか?

2月初めの現在の状況を見て、僕の個人的な考えとしては、
「20代までの若者にとってはただの風邪」(巷でも囁かれていますが)
「若者が恐れすぎて精神を病んだり人間として大切な人とのつながりやふれあいをなくすべきではない」と思うし
「高齢者の命を守るというキャッチフレーズで、すべての人々の人間活動や学校・会社や経済を抑圧するべきではない」と思っています。
新しい生活様式とか言って「マスクで顔を隠しているいることが正しい」かのような、安心できない人付き合いこそできるだけ早く改めるべきだと思います。
ワクチンの接種後や感染治癒して免疫を獲得できた人にまで、何でもかんでもマスクさせて、マスクさえしていれば感染しませんみたいな誤った印象操作がはびこっているのがおかしいと・・・。 
いろいろな意見、反論もたくさんあるとおもいますので、最近の第3波で、感染状況は変わったのか?若者でも重症や死亡が多いのか?
ちょっとデータを眺めてみたいと思います。

以前から参照させていただいている「東洋経済オンライン」の「新型コロナウイルスの国内感染状況」というウェブページからです。
このページ 厚生省からの報道発表資料を可視化したものとのこと。
データが色々掲載されていて参考になります。
眺めているだけで納得するところと、マスコミの騒ぎ方とのギャップにどうして?と思うところもありますが・・・。
欧米と比べると患者数・死亡数ともに良好な数字なんですけどね。

もちろんこのデータを見る上で、最前線で懸命に命を守ろうと尽力した医療スタッフの力があることを忘れてはいません。
そして、不幸にもお亡くなりになられた方には心からご冥福を祈ります。

2月3日現在のデータということで

グラフを数字にしてみますと検査陽性者数は 39万3121人にも増えたそうです。
11月末のブログで書いたときに 11月25日の時点で 検査陽性者は 13万6741人だったので、陽性者だけで2か月で3倍にも増えたってことです。
世の中はマスクなしでは出掛けられないくらいにみんなマスクをし、自粛というある意味での「孤独の強要」で自殺者が増えるほどに外出も控えているというのに大きな第3波に見舞われています。

「日本人はマスクをよくするし、清潔観念が欧米人と違うから、コロナも抑えられているんじゃないでしょうか?」とテレビの「専門家」が言っていた9月ころの話は全く間違いだったってことですね。

あ、脱線してしまいました
グラフですが
80歳以上 陽性者 29,298人 死亡 3,437人 回復済み 19,532人 ~全死亡6018人の57.1% 陽性者のうち死亡率11.7% 治癒率は66.7% 治療中が多い
70歳代  陽性者 29,339  死亡 1,302  回復済み 22,157  ~80以上と70歳代で死亡者の78.7% 70代の死亡率は4.4%
60歳代  陽性者 33,400  死亡  435  回復済み 27,409  ~陽性者のうち死亡率は1.3%
50歳代  陽性者 51,937  死亡  142  回復済み 44,322
40歳代  陽性者 56,311  死亡    48  回復済み 48,801
30歳代  陽性者 59,234  死亡    12  回復済み 52,331  ~死亡率は0.02% 陽性者のうち15.1%
20歳代  陽性者 87,468  死亡     3  回復済み 77,604  ~死亡率は0.003% 陽性者のうち22.2%が20代
10歳代  陽性者 25,585  死亡   0  回復済み 21,966  
10歳未満 陽性者 10,508  死亡   0  回復済み   8,965
年代不明  陽性者   9,068  死亡   19  回復済み 7,563

11月の時点と比べて、数字は大きくなりましたが、
20代30代の検査陽性者が多く、
40歳未満では殆ど死亡に至らず、
高齢者で死亡率が高いという結果は全く変わりありません。

テレビやマスコミでは、第4波は更に大きくなるかもとか、感染がなくなりませんとか、変異したウイルスが流行ったらどうしようとか、緊急事態宣言は延長がいいとか悪いとか・・・
例の専門家が勝手なこと言ってますが、蓄積されたデータをもとに、このコロナショックで壊された人々の心を治すために、何が必要かよく考えて、報道してほしいものです。
不安や恐怖、緊張を高めるような「偏った情報」を広めることが公共放送の役割ではない!と思います。
「30歳未満はほぼ亡くなりません」とか、「70歳代以上の高齢者でも死亡率は10数%で、8割以上は治癒しています」とか、報道と反対の情報も公平に流すべきではないでしょうか。

まあ、テレビやマスコミも商売でしょうから、人々の気を引けないような衝撃の薄い報道はしないというのはわかっていますが・・・

ワクチンの話まで少し書きたかったけど、またまた長くなったので力尽きました。
また次回 おねがいします。

“最近のコロナのデータやワクチンのこと” への2件のコメント

  1. 進藤 より:

    はじめまして。
    今どこの産婦人科で出産しようか悩んでる者です。
    今コロナで立ち会いや面会が禁止されているところが多いですね。
    早く落ち着く事を願うばかりです。
    はださんのところは、制限かかっているのでしょうか?

    • hadasan より:

      進藤さん はじめまして。
      令和3年3月初旬の当院の状況は、面会制限として、面会時間は1時間以内で、夫と両親、子供さんのみに限らせていただいています。ホントは親族皆さんでお祝いしていただければよいのですが・・・(+_+)
      また、立ち合いは最低人数の1名で、上の子供さんも立ち会いたい場合は状況により可としています。
      日々の感染症の状況などは変化しますので、その時その時で対応が変わることも予想されます。
      ご確認いただければ幸いです。

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)