はだ産婦人科クリニック【札幌市/西区・手稲区】無痛分娩にも対応

産科・婦人科・小児科(新生児)・麻酔科

羽田さん通信

多国籍患者さんが増えています

2020年08月23日 | 未分類 | 

2020年8月23日 日 晴れsmiley

お盆が過ぎた札幌
4日前までは34℃とかいって、真夏の気温と太陽だったのに、一雨winkはさんで、爽やかともいえる、清々しい日曜日になりました。
26℃くらいかな?

病院の外来診療はお休み
明日の出産予定の患者さんが入院してきて、子宮口に水風船を入れたお仕事が終わり、今赤ちゃんの元気さを確認のモニター中です。
産婦人科の医者の仕事は「待ち」の仕事も多いんですよね。
病棟では、患者さんは5人と静かな休日になっています。

最近の話題は色々あったのですが、ブログ書くぞ!って気合入れていても、いつもコロナの話ばかりが思い浮かんで・・・
そろそろ日常医療の話も「自粛開放」したいと思います。
(更新間隔の間伸びはコロナのせいばかりではないのですが・・・

当院の患者さんの出身地のお話
当院の立地が、札幌市の外れで、小樽市よりにあって、小樽の市境まで5㎞。
北に向けては石狩市まで3㎞という位置なので、札幌市の郊外に工場を構える水産加工会社や、食肉会社、包装企業の工場などで働くベトナムやタイなどアジア系の職業訓練生がたまに来院されます。
その他にも中国の方は外来で数人は通院していたり、出産でも毎年1-2人は出産されたりしています。

ですが、ここ1-2年、更にほかの国の患者さんや、外国人を夫に持つ患者さんが多くなっているように感じます。
理由の一つは、当院から約90
㎞のところに国際的リゾート地ニセコがあります。
外国人がたくさん住んでいて、外国の方にとっては無痛分娩が当たり前的な考え方もあったりして、遠くから無痛分娩を求めてきてくれる患者さんが少しずつ増えていのかな?
今年も1か月ちょっと前にニセコからマレーシアの人が出産に来てくれていたり、ちょっと前になるけどオーストラリア人の旦那さんを持つ妊婦さんが来てくれていたり・・・。
(その患者さんたちがひ広めてくれているのもありますね。多分

今年の特殊な事情では、日本に滞在中にコロナ騒動で、母国に帰れなくなってしまったという患者さんもいらっしゃいました。
そういういろんな国の人が当院を指名してくれて受診に来てくれることはとてもありがたいと思う反面、言葉の壁があるとつい、外国の患者さんが来たら、通訳さんのいる大きな病院に行ってもらおうかと、尻込みしてしまうことも多いのが現実です。

僕も南米パラグアイに2年ほどいて感じたのは、外国で病院受診を考えなきゃならなくなった時って、とても不安だと思うんです。
特に、急なコロナ騒動で国際間の移動が出来ず、国に帰れなくなった妊婦さんなんて大変だろうな~とか、同情してしまいます。
病院を受診する外国人の患者さんとしては、しっかり悪いところを診てほしいのだろうし、病気の心配や不安が主なもので、日本人が思うほど、言葉について高い要求はしていないのではないかと思っています。
 

日本の常識では、外国人を見たら、英語や外国語で話しかけて当たり前。
通じなかったらこちらの責任?みたいな変な「へりくだり常識」が当たり前ですよね?

僕の(多くはないけど)2年ほど住んでいた海外経験では、外国人を見て、土地の人が外国語を話そうなんて人は殆どお目にかかったことがありません。
街では早口なスペイン語で話かけられて、通じてる?みたいな反応のお店とか、当たり前でした。

しか~し!
僕個人的には、どこの国の患者さんでも、出来る限りの医療を提供したいし、説明についても理解してほしいな~という思いもあって、
多国語翻訳機のポケトーク™を買ってみました

このポケトーク、なかなかの優れもの。
もちろん少しのタイムラグはありますが、結構すぐに訳して話してくれて、こちらの言ったことは文字にして表示され、間違っていないかを確認出来ます。
言語も英語だけでなく、中国語、イタリア語、ベトナム語、マレー語、スペイン語などなど数10か国翻訳できるらしい。
(今まで使ったのだけでも7-8か国ぐらい)

一人で語学学習にも使えそうで、楽しいおもちゃのようです。

ポケトークだけで外国人の患者さんを100%満足させてあげられるかは難しいと思いますが、まじめに医療をやって、我々のできることを日本人らしくやっていく助けになればいいなと思っています。

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)