はだ産婦人科クリニック【札幌市/西区・手稲区】無痛分娩にも対応

産科・婦人科・小児科(新生児)・麻酔科

羽田さん通信

TOLACと無痛分娩

2020年12月26日 | 未分類 | 

2020年12月26日 土 曇りsad

12月もあっという間にあと5日。
いよいよ令和2年も終了間近で、例年ならばしみじみゆく年を感じるものなのでしょうが、今年はコロナに支配され、何だかなぁ~

コロナで騒々しい人の世とは関係なく、季節は巡り、さすがに年末の北海道
ここ数日は毎日、氷点下の気温を記録
そういえば先日、冬至だったんだもの 寒いわけだ

ただ、今年は去年や一昨年の様な12月に大雪とはならず
いつドカンと雪が積もるのか・・・
心配しながら待つばかりです。

当院も年末に向けて一直線のこの季節
(イベントも中止したり、忘年会も大きくやるのはやめたりして「年末感」はないんですけどね
年間の分娩台帳とか手術台帳とかパラパラみてみました。

分娩は去年より12-13%増えて終わりそうです。
それに対して帝王切開も増えていました。

ま、どんな妊娠でも元気な赤ちゃんが誕生して、母体が元気でいてくれれば、帝王切開だろうが、経腟分娩だろうがいいとは思います。
ただ、当院の場合は大部分の患者さん(妊婦さん)が無痛分娩希望ってことで来てくれます。
そういう希望の方にはできれば麻酔を使って経腟分娩してもらえたらいいなぁと思って努力しているのが現状。
ですが、今年は帝王切開が9-10%になりそうです。

振り返ってみるとその中に15人のTOLAC(既往帝王切開後経腟分娩施行;長いのでTOLACで)希望の患者さんがいて、3人が帝王切開に・・・
経腟無痛分娩まで行ったけど、分娩進行が停滞して緊急帝王切開になった方。
メトロイリーゼ(水風船)挿入で子宮口を開いたとこで胎児心音低下して帝王切開になった患者さん。
妊娠末期の外来診察で胎児の頭が下りてこなくて、体重管理も難しくなって、帝王切開を僕から勧めた方。
(みんなちょっと前だけど懐かしい・・・)

思い返せば、TOLAC断念して帝王切開になった皆さんは大体が外来診察の段階で、前の分娩経過と児頭の下降などの診察結果を考え併せて「経腟は難しいかもしれません」という話をした人でした。
逆に難しいかな?と思っていたけど、麻酔下にTOLACがうまくいってVBAC(既往帝王切開後経腟分娩)に至った人は・・・
あまり記憶にない
多分、TOLAC以外の出産に比べて、僕自身も「慎重に」なっているから「この分娩は大丈夫!」なんて言えないからかな?

TOLACを希望する人について、ネットで「赤ちゃんの命をどう思ってるんだ!?」とか「危険がありながらそこまでわがままを通したいのか」みたいな産婦人科当事者でもない(と思われる)人が、言いたい放題書いているのを目にしたことがあるけど、まったくネット暴力に近いんじゃ?
当事者である産科医と患者さんが、慎重に慎重に慎重~~に方法を選んで、出来ると判断したなら希望をかなえてあげればいいだけだと思うのですよ。
その判断は医者それぞれで違うし、分娩施設ごとでも麻酔科医をすぐに呼べるのか?スタッフ数は手術に対応できるかなどの要件で緊急帝王切開への対応が変わるので、病院によって全く方針が異なります。
だから一概にTOLACができるからいい!できないからダメって話ではないです。
ネットに答えを探す方がヤボってことです。

TOLACをしたいという理由も、妊婦さんが「我がままだけ」でしたい!なんていう人は滅多にいないと思います。
上の子がいて、身の回りのお世話をしてくれる人が旦那さん以外にいなくて、長いお休みが取れない・・・とか
前回の帝王切開後の心的・肉体的苦痛を思うと恐怖で・・・とか
子供を沢山ほしいのに帝王切開は2-3回しかできないと言われた・・・とか
(個人的には、お母さんになるうえで「1度は下から産んでみたいから」でもいい理由だとは思いますけどね)

患者さんも医者も、助産師さんも、それぞれにみんないろいろな考え方があって、みんな正しい
ただネットとかに登場する「外野」がちょっと集めた情報で、人の人生の方針に口出しするのはなぁ・・・( ^ω^)
今となっては忘れられた?かもしれませんが、2000年より前はTOLAC/BVACは当たり前に行われていて、全然珍しいことではなかった。

僕からのアドバイスができるとしたなら、どんなお産には危険はあります。TOLACではそれが更に少し高くなる。
だからこそ、ちゃんと病院へ行って相談してください ってことですかね。

当院では、TOLACの場合は全例硬膜外麻酔挿入下に、計画分娩で緊急帝王切開にいつでも移行できる準備をする条件のもとトライします。
無痛分娩はそういう場面では大いに力を発揮してくれる方法だと思います。
出来るだけ日中の分娩にもっていくことでスタッフ人員の確保も可能になるし、硬膜外麻酔での無痛分娩がこれからの分娩方針の選択を少し変える可能性はあるかもと思っています。
(だからと言って、「麻酔下ならみんなうまくいく」でもなければ、「無痛の病院ならTOLACできる」って訳ではないですよ。お間違いないように)

方針決定に大切なことは、過去の分娩経過や帝王切開の方法・理由と今回の妊娠経過のしっかりとした評価、そして家族の思いが一致して病院と話し合って決めることです。

年末の振り返りがずいぶん長くなってしまいました
次は短い記事か書こ

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)