はだ産婦人科クリニック【札幌市/西区・手稲区】無痛分娩にも対応

産科・婦人科・小児科(新生児)・麻酔科

羽田さん通信

9周年を迎えました

2022年11月16日 | 未分類 | 

2022年11月16日 水 晴れのち雨wink

朝は気持ちの良い秋晴れと思ったら、、午後からは雨
うつろいやすい秋の空なのでしょうか。

今朝の手稲は、山の景色は薄っすら雪化粧
すそ野はまだ紅葉が残り、青い空に映えていました。

長く手稲に住んでいますが、四季折々の姿を見せてくれる手稲山の中でも特に足早に過ぎていく秋は毎日入れ替わる絵画みたいできれいだなと感じます。
今朝はそんな朝でした。
今は雨ですが・・・

さて、「はだ産婦人科クリニック」は11月1日をもちまして9歳を迎えました。
思い返せば、大変な出産や手術、多くの喜ばしい結果の中にも、力及ばない結果もありました・・
様々なことが思い出されますが、出産はじめとして、女性のヘルスケアの面で、少しでもお役に立てていたのなら喜ばしい限りです。

9年前の今頃は待てど暮らせど患者さんが来ない日があったり、やることないからみんなで掃除しようなんてこともありました
全スタッフ9人でスタートした当院でしたが、今ではその倍。
それでも忙しい時には、もう少し人増やしたいなぁと思うことも・・・

分娩では1年目の閑古鳥から想像もつかないくらいに増えて忙しくなりました。
当時は無痛分娩が今よりももっと知られていなくて、妊婦さんのご家族からは「危ないんじゃないの?」みたいなお話を良くされました。

ここまでこれたのも、スタッフ・患者さん・関係の業者さんなど皆さんのお力添えの賜物と思います。

これからもご期待にお応えできるよう、日々チーム一丸となって頑張っていく所存ですので、変わらぬご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。
 

2022年11月16日 今朝の手稲山

“9周年を迎えました” への4件のコメント

  1. 山崎 より:

    羽田先生ご無沙汰しております。
    2021.7月2人目の出産でお世話になりました。

    9周年おめでとうございます。
    次出産する時も必ず羽田さんでと思っていますので
    お身体に気をつけてまだまだ現役でご活躍されてください!

    このご時世、世の中の風景に疑問を感じ出したのは
    かなり前で出産時にはすでに この茶番はなんなのかと憤りを感じていました。
    羽田さんでは過剰な対策はされておらず、
    本当に良い出産をさせていただきました。

    生まれた子供ももう一才を過ぎ
    上のお姉ちゃんと毎日元気に保育園へ通ってくれています。
    その中でも毎日疑問が湧き上がる日々でして
    先日マスクをせずに子供の送迎に行くと
    先生にこれあげるからとマスクを渡されました。
    任意ではないのか…?なんともやるせ無い気持ちになり
    毎日もやもやが晴れません。
    園長先生に意味のないように思える感染対策について
    直接気持ちをお話ししたいという思いと
    小さな園で波風立てたく無いという思いで揺れています。

    日々葛藤する中でふと羽田先生のことを思い出し
    ブログを見ると、ぶれない先生の言葉があり
    元気づけられました。

    周りに合わせるのが良しとされる世の中で
    子供達の大切な1日1日を犠牲にする茶番を終わらせてほしいと足掻く私は
    浮いていて、本当に生きにくいです。

    傍観者にはなりたくないので
    自分の言葉で伝えてみようと思います。

    長々と失礼しました!

    • hadasan より:

      山崎さん コメントありがとうございます・
      お子さん大きくなられたことでしょう。
      コロナでストレスの多い2年半
      海外では、考え方の違いで分断された社会だとか、自由への意識の高さだとかが報じられて、日本と違う行動が見えますよね。
      日本人の特徴として、同調意識の強さや、マニュアルや指示されるのが好きな(自分で考え行動するのが苦手とも言える)国民性などが確認された気がします。
      でも、まじめで勤勉で清潔好きで、自己批判の能力が高めだったり、いい方向に向かうととても良い国(国民性)だと思うのですが、やはり今は政治家やマスコミが無能なのでしょうかね?
      国民の長所を伸ばせんないし、責任感もって仕事をしていないように見えるのは僕だけでしょうか?
      色々語れば長くなりますが、今後も当ブログ内で私見を書くと思いますのでお付き合いしていただけたら嬉しいです。

  2. 上原彩香 より:

    はだ先生、助産師の皆様、病院関係者の皆様

    2022年7月に第一子でお世話になりました、上原です。
    いつもブログ楽しみにしております。

    早いもので、もう来月で娘が生後半年を迎えます。
    子育てをしながら、夫婦そろっての仕事は、記憶がなくなるほど大変でしたが皆様のサポートの甲斐あって、娘も毎日健やかに、元気に育ってくれています。

    思えば、妊娠する前から、必ずここで産みたい!と主人に熱弁をしていました。
    もちろん痛いのは怖いし、仕事のことも考えて産後の体力温存のために。そういったことが理由としてあげられますが、
    やはり先生のお人柄や、病院の皆さんのあたたかい内面に心惹かれて、人生の一大イベントをお任せさせていただきたいと思ったんだと今改めて感じています。

    いつも、娘を寝かしつけるとき、
    今日も活力をありがとう、幸せをありがとう、と話しかけているのですが、こうした何気ない日常を送れるのは、みなさんのおかげです。

    とても尊敬しているとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。
    ゆっくりとこうして気持ちをお伝えができなかったので、あえてこちらにコメントとして残させていただきました。

    数年以内に、また必ずお世話になりたいと思っております。
    その時はまた、注射にビビるわたしを慰めてくださいね(笑)

    またみなさんにお会いできる日を楽しみにしています。
    体調など崩されないよう、みなさんもご自愛ください。

    • hadasan より:

      上原さん お久しぶりです。
      暖かいコメントをいただきありがとうございます。
      お元気そうで何よりです。
      もう出産して半年ですか?早いですね。
      お子さんを出産されて生活が全く変わったことと思いますが、上原さんのように日々感謝と何気ない幸福を感じられる時間ってとても大切ですよね。人として母として成長されているのではと推察します。
      メッセージをいただき、少しでも幸せのお手伝いをできたならうれしく思いますし、この仕事の意味やありがたさを感じて寝不足でも頑張れそうです(笑)
      次のお子さんもぜひお待ちしていますよ!元気で楽しく、子育て頑張ってくださいね(^^♪

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)