はだ産婦人科クリニック【札幌市/西区・手稲区】無痛分娩にも対応

産科・婦人科・小児科(新生児)・麻酔科

羽田さん通信

産婦人科の土曜当番病院やってます

2021年03月06日 | 未分類 | 

2021年3月6日 土 曇り時々雪sadlaugh

​3月になって、この冬1番の大雪に見舞われた北海道
普段雪の少ない十勝地方や太平洋側でも随分雪が積もったみたいです。
たぶん手稲は1日で50-60㎝は降ったかな?
その雪も、あたたかくな暖かくなったり寒くなったりの中で、すぐに溶けてぐじゃぐじゃになるはず。
この時期の外は北海道の「一番汚い季節」の始まりでもあります。


さて、今日は当番病院
午後から数少ない患者さんを待っております
外は冬の気温で、患者さんの出足は鈍く、たぶんあまり来ません。

当院が担当している札幌市の土曜日の午後の産婦人科当番って、もともと平均2-3人の来院患者さんしか来ません。
病院の診療形態が多様化し、土曜日の午後に開いて外来診療しているところや、大きな産婦人科単科の病院では土曜・日曜ともに開いているところも珍しくありません。
医師はお産があれば仕事だし、ナースや助産師も完全に病院が空っぽで休みってことはありません
だから、人数さえいれば外来診療してしまおう!っていう方向性になるのかな?
(その方が合理的?)
当院では職員の休息も大事かなと思って、土曜午後と日曜・祝日は休みにしていますが・・・

なのであまり休まないかかりつけ病院や、近くに開いている産婦人科があったらわざわざ遠くの当番病院には行かないだろうなと思います。
時代の流れとともに土曜日当番病院の制度も改革が必要な気も・・・

あまり患者さんが来ないのは、当番病院としては幸せなこと…と思い込むようにして
普段片付かない書類整理で、当番終了の夕方を待とうと思います

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)