はだ産婦人科クリニック【札幌市/西区・手稲区】無痛分娩にも対応

産科・婦人科・小児科(新生児)・麻酔科

羽田さん通信

6歳の誕生日 は今年も人間ドック

2019年11月01日 | 未分類 | 

2019年11月1日 金・開院記念日 晴れsmiley

ようやく冷え込みを感じるくらい寒くなった今朝
手稲山はまだ白髪にならずポヤポヤの木々が朝の青空に浮かんで遠くに見えました

おかげさまで今年も11月1日を迎え、当院の6歳を祝うことが出来ました。

病院は開院記念日でお休み。
留守番のナースは、今日休んでいると知らない患者さんからの問い合わせ電話に追われていたそうですが

秋晴れの中、今年も人間ドック
年間を通して唯一の「平日の休み」なので、5年目になりますが自分の体の検診をこの日に受けているのです。
副院長と一緒に

雲一つない秋晴れの中、まだ朝日がまぶしい朝7時半過ぎに、札幌市内の検診センターへ向かって出発。
検診センターって、朝も早くからずいぶん混んでいること・・・

問診があって、一般的な身体検査に採血、聴力、視力、腹部エコー、希望で胸部CTと胃カメラ
待ち時間も結構あるけど、一通り回って3時間くらい

今回は特につらく感じたのは胃カメラ
鼻からだったけど、つらかった~
喉通過する時のオエオエ
腹の中に空気たまってくのは痛苦しいし・・・
よだれと涙だけで500mlは液体喪失したな

ま、体重測定直前だったから、ある意味良かったと思うようにします。
色々苦痛を伴う医療行為を受けることで、声掛け一つで患者さんが楽になったり、不安を減らせたりすると実感。
こういう機会があると医療を施す側って、もっとこうしなきゃいけないよなぁとか感じます。

年に一度、患者さんになれる貴重な日と思って、来年も行きたくないけど行こうかなと思っています
(やっぱ、やめよっかな

“6歳の誕生日 は今年も人間ドック” への2件のコメント

  1. 美希 より:

    こんばんは。
    9月に37週で突然転院し、無痛分娩させてもらった者です。

    あの時は精神状態もおかしく笑、先生とスタッフの皆様に大分助けられました。もともと通っていた病院もすごく良かったのですが、転院して本当に良かったと感じました。

    2人目は1人目の痛みを知っている分、怖くなる人は多いと思います。そんな中、先生のような産婦人科があるということは、心の拠り所になりました。
    どこの病院も難しい時期での転院、本当に感謝してます。
    絶対に3人目は要らないと断言してましたが今回のお産で、揺らぐ気持ちも出てくるくらいです笑。
    祝日だった事もあって玄関で車がいなくなるまでお見送りしてくださった先生と看護婦さんの姿、とても嬉しく覚えています。
    入院中の茶話会も楽しかったです。先生ひたすら、給仕してましたね笑。

    落ち着いたらお礼のコメントしたいと思って遅くなりました。

    周りに私ほど出産を怖がる妊婦さんがいたら笑、先生のお話をして落ち着かせてあげたいと思います(^^)

    赤ちゃんは元気に成長してます。
    本当にお世話になりました(^o^)

    • hadasan より:

      美希さん お元気に子育てしてますか?
      もう2か月ですね。早いものです。
      今回の妊娠・出産では、気持ちの上で、いろいろ大変なこともあったと思いますが、無事に出産できてよかったと心から祝福しています。
      急な転院とか、病院の側の都合ばかり言うと、「信頼関係が作られていない・・・」とか「体のリスク評価もできていないのに・・・」なんて意見が主流になっていますが、患者さんの気持ちや事情からすると、医療者側はもっとおおらかに、困っている患者さんの力になれる環境だといいんですけどね。
      少しでも美希さんちにお力になれたのならうれしい限りです。
      次のお子さんも、お待ちしていますよ(^^)/

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)