はだ産婦人科クリニック【札幌市/西区・手稲区】無痛分娩にも対応

産科・婦人科・小児科(新生児)・麻酔科

羽田さん通信

会陰裂傷と会陰切開

2019年07月08日 | 未分類 | 

2019年7月8日 水 晴れsmiley

急に夏の空が広がってきた札幌
気温は25℃くらいですが、空の色は昨日から、急に夏に模様替えの感があります。

そういえば昨日の日曜日、いろいろなところで夏祭りが開かれていたようでした。
僕も我が家のチビたちと中央区の「裏参道祭り」に出かけてみました。

そこで何人か当院で出産したお母さんと赤ちゃんと遭遇。
ちょっと懐かしい感じと、出産の時と産後1カ月健診でしか見ていない赤ちゃんの大きくなる早さにいつもながら凄さみたいなもの感じます。
たった半年でも子供は大きくなりますね~

最近の当院での仕事の話。
出産はコンスタントに毎月20件を数えまして、半年終了(6月いっぱいで)して、出産数は去年の10%増しで推移しているようです。
出産ってホント波があって、多い月と少ない月が倍くらい違うんですけど。
今は患者さんが少ない時期で、病棟は2人しか入院していない状況です。

無痛分娩を掲げている当院の今のところの分娩内訳は、普通分娩は11% 帝王切開8% 無痛分娩80%という構成です。
そんな中で、当院では、胎児仮死状態で早く経腟的に分娩にしたい時や、お母さんのオマタ(会陰)の組織が非常に硬くてあかちゃんが外に出られないような状態の時に「会陰切開」をすることがたまにあります。
大体年に10~15例くらい(4~5%)

時々、外来患者さんに「この病院は会陰切開をしてくれますか?」って聞かれることがあります。
どうしてですか?って聞くと「ネットに会陰裂けるより切った方が痛くないって書いてあったから」とか「上の子の出産で前の病院が切る病院だったから」とか・・・

産科の医者側からすると
「会陰切開」というのは、軟産道強靭症という病名の下で行うれっきとした手術として算定される行為です。
赤ちゃんの具合が悪くて早く出してあげなきゃいけない時に行う「吸引分娩(吸引娩出術)」とか「鉗子分娩」に並行して施行することで手術点数を算定できるモノなのです。
(吸引はしていなくても、少なくても赤ちゃんを押し出す子宮底圧出法と同時に行うのが実際かな?)

無痛分娩にしている患者さんは、普通分娩の患者さんよりも会陰の伸びがよいので、オマタが裂ける可能性は高いけどその程度は小さく済む可能性があります。
会陰切開を早くから行うことで、絶対的に傷はできますし、縫合が必要な傷になってしまう
なので、無痛分娩の患者さんはよっぽどのこと(重症の胎児仮死兆候とか年齢にも関係あるけど会陰がとても硬い!ってこと)がなければ「会陰切開」は行わないようにしています。

そして、毎日出産を見てると、前の子の出産で会陰切開した患者さんの2人目、3人目の出産は、上の子との間が近ければ近いほど、切開したところがパッカリ裂けるのを見ていると、切らなくてよいものは切らない方がいいんじゃないかなぁ・・・と今現在は考えています。

前にも書いたけど、「会陰切開」は手術として算定される医療行為です。
病院によっては、赤ちゃんの安全のためとか、患者さんの要望があったからとか、様々な基準で「会陰切開」を行っているのが現実だと思いますが、「切った方が痛くない」「切った方が良い」なんていうネット情報(?)は全くデマじゃないかな?
痛みについては全く根拠なし!!
医者はボロボロの会陰裂傷よりは切開した傷のほうが縫いやすい(かつ保険請求もできちゃう可能性もある)という点はあると思いますが・・・

ちなみに、初産の会陰裂傷はある程度仕方ないと僕自身は思っています。
何かの掲示板で「会陰裂傷の多い病院」とかってわけのわからない書き込みをページを見かけたことがあるけど、直接介助(分娩で赤ちゃんを直接取り上げる)する助産師さんと息の合った分娩ができれば傷は少なく済むかもしれないけど、その助産師さん個人の経験や力量もかかわってくることなので、ナンセンスなネット情報だな~ と思って当事者としては見ています

分娩という行為がすべてそうだけど、「会陰切開」も、患者さんのためにと思って目の前の助産師や医者が選択する「手段」であって、あふれているわけわからん情報をもとに選ぶ行為じゃないと思いますよ

出産に立ち会う仕事って、あらかじめ決まった行為ってあまりないのが普通だと思います。
みんな目の前の命のために急な判断を必要として、出来る限り安全に任務を遂行しようと頑張っているんです・・・

 

“会陰裂傷と会陰切開” への14件のコメント

  1. ハマノ より:

    こんにちは。
    先日、腎盂腎炎でお世話になったハマノです。3人の子育てで、てんやわんやの毎日ですが、身体はすっかりよくなりました。
    体調が落ち着いて、改めて、赤ちゃんと一緒にそちらに入院させていただけて本当に良かったなと感じています。
    退院直後から、上の子たちの体調不良でバタバタしてしまったので、1か月検診も終えられたこと、とても助かりました!
    また今後、予防接種でお世話になりますので、よろしくお願いいたします。
    ありがとうございました。

    • hadasan より:

      ハマノさん お元気そうで何よりです。
      コメントありがとうございます。返信遅くなってしまいすみません。
      産後の状態からはもう普通の体に戻られたと思いますが、何かあったらいつでもご連絡くださいね
      ワクチンもお待ちしています。
      育児楽しんでください!

  2. やまだ より:

    昨日娘が第二子を出産いたしました。
    私も(母)立ち会いましたが、
    陣痛促進剤を投与してから一気に痛がり、
    早く出したい気持ちから、二回目の陣痛で出してしまったのですが、
    はたで見ている母としては、先生に止めて欲しかったと思います。
    おかげで、出産は2回のいきみで終わりましたが、後の会陰の縫合に手間取り、これなら切ってくれれば良かったのにと思います。
    時と場合と思いますが、2回目のいきみで止めて欲しかったと

    • hadasan より:

      やまださん コメントいただきありがとうございます。
      昨日出産されたとありますが、当院でですかね?
      該当する褥婦さんが確認できず、状況がよくわからないのですが、当院でご出産された経産婦さんで、会陰裂傷がひどくなる方でしたら、帝王切開後のVBAC(経腟分娩という意味では初産と同じ)や胎児仮死があって吸引分娩を要するなど分娩を急がねばならないといった理由がある方が多いです。
      これに該当する場合は、分娩前からも患者さんにはお話ししていますが、なかなか会陰裂傷は避けられないことが多いものの、切開しなかったことで次回の分娩で裂傷が小さく済む可能性は高いと思います。(あくまでも麻酔下であればの話です)
      何もなくて経産婦さんで裂傷がひどい方は最近ではあまりお会いしないので、コメントが難しいのですが・・・
      (医療者的な目と患者さんのご家族の目では違いがあるかもしれません)
      会陰裂傷の痛みは個人差はありますが必ず良くなりますので、時間はかかりますが経過を見ていただければと思います。
      異常と思われた場合は病院へご一報ください。
      やまださんの娘さんが早く良くなりますようにお祈りしています。

  3. rinrin2000 より:

    こんばんは、1人目を2年前に海外で出産し2人目を現在妊娠中で妊娠後期に入りまた海外で出産します。(欧州先進国です)
    1人目の時に無痛分娩で出産しましたが、最後吸引分娩となり会陰切開しました。海外で日本とやり方が違うかもしれないのですが縫合にはとても時間がかかり、傷跡もその後1年経っても残っていました。最近2人めの妊娠後期にはいり子宮がおおきく会陰の傷痕部分が触っても明らかに分かるように盛り上がってきており、いまにもはちきれそうです。2人目の出産に向けて傷を最小限に抑えるためになにか自分で出来ること、出産時の工夫などアドバイスなどあれば教えていただきたいです。
    会陰マッサージ等した方がいいのでしょうか?またおそらくキレる(裂傷か切開)は覚悟していますが、産後時間経過とともに良くはなるのでしょうか。

    • hadasan より:

      rinrin2000さん コメントありがとうございます。
      分娩する施設、ましてや国が違うと分娩の方法や、会陰切開とか裂傷に対する扱い方も違うと思うので、絶対的に!というアドバイスは難しいのですが・・・
      個人的には会陰マッサージはある程度効果が期待できるのではないかと思います。
      あと、第2子の経腟分娩の場合、無痛であれば特に、会陰裂傷は第1子の時よりも小さのくなると期待できます。会陰皮膚の進展が良くなるので。
      当院での話では第2子以降の無痛分娩なら半分くらいしか裂傷は出来ないとみています。
      お産頑張ってください。

  4. イチ より:

    出産を終えたばかりの者です。
    無痛分娩で第一子を出産しました。
    ダブルカテーテルにしたにも関わらず、お尻の穴付近の陣痛がおさまらずその事を助産師さんに訴えると先生の指示で麻酔を足されたりより強い麻酔を投与されましたが一向に効きませんでした。終盤、主治医の先生がカテーテルの場所をずらしてようやく痛みは治りましたが麻酔が効きすぎで両足とも自分の力では動かせなくなっていました。
    その時点で子宮口は全開で赤ちゃんも良い位置まで下がってきているので、陣痛を感じられるところまで麻酔が抜けるのを少し待ちました。
    その後何度かいきんだのですが胎児の心拍が落ちてきたので吸引分娩術をしました。会陰切開有りでしたが会陰裂傷3度となり現在点滴を受けています。
    会陰裂傷3度というのは滅多にない事でしょうか?便失禁などの後遺症が残るなどの文書をみるとすごく不安です。
    そして無痛分娩で何度も痛みを訴えているにも関わらず麻酔の追加のみを指示し続けた医師にも不信感が募ります。
    まだ産後1日目ですが、いつ頃から普通に排便することはできるようになるのでしょうか?

    • hadasan より:

      イチさん お産お疲れさまでした。
      当院で出産される患者さんにも必ず言いますが、「第1子の出産はどんなことをしても大変」だと思います。
      硬膜外無痛分娩の効果(感じ方)は患者さんが100人いれば100通りあります。
      僕が施行しても産後に100点をくれる人が何人いるか・・・怖くて聞けません(;^ω^)
      胎児心拍が落ちて吸引になったということは、母体への損傷はある程度予想されてでも、胎児を救うことを選ばざるを得なかったということだと思います。
      それによって会陰裂傷3度は痛いし、今後の不安もあろうかとお察ししますが、当院においても無痛→吸引→裂傷3度というケースは時々生じます。
      その長期予後が、ネットで出ていたという便失禁などの後遺症があると話される方はほとんどいません。(絶対とは言えないけど。医療はすべて医者やスタッフが精いっぱいやっても絶対といえない部分があることはご理解ください)
      不安を悶々とネットで解決するのではなく、主治医の先生にその不安を伝えてみることをお勧めします。
      自分を頼ってきてくれた患者さんの出産が、無事にうまくいくことを祈っていない医者はいないと思いますから。
      排便についてですが、数日のうちに問題なく排便される方が大部分です。そして、会陰と腟というのは哺乳類なら一番外傷を受けやすく、治りやすい原始的な臓器(器官)だと思います。
      あまり深く心配せずに子供さんとともに元気になられることをお祈りします。

  5. サボテン より:

    会陰切開について調べていたところ、本サイトにたどり着きました。
    先月第二子出産だったのですが、その時に処置が間に合わず会陰が裂け、途中からの切開になりました。
    そのためか、第一子の時よりも多く縫い、退院時も傷が治りきらず抜糸は見送りに。
    その後、糸のつる感じと傷の痛みが嫌で排便を渋っていたら切れ痔に。
    最近ようやく糸のつる感じもなくなり、会陰切開の傷の痛みもなくなったのですが、1ヶ月検診前くらいから今度は急激な痒みに悩まされています。
    1ヶ月検診の際には、傷の治りかけだからあと1ヶ月程度でおさまる的なことを言われたのですが、いつまで続くかわからない痒みが心配で。。。
    人によるとは思うのですが、会陰切開の傷って、そんなに痒くなるものなのでしょうか?
    治りかけという言葉を信じてひたすら耐えるしかないのかな・・・と思いつつ、切れ痔のせいか尻周りも痛痒く、擦ると良くないと思いつつ、痒くなったら水で濡らして軽く押しながら拭き取るを繰り返しています。
    触れば触るだけ悪化するのではないかという心配もあり、、、会陰切開の傷が酷いとそういうことはよく起こるのでしょうか?

    • hadasan より:

      サボテンさん はじめまして。出産と産後、大変だったようですね。
      色々情報をお探しのことと思いますが、分娩後の状態は個人差が大きく、また1人の妊婦さんの出産でも1回目と2回目、3回目…それぞれ異なる状況があります。
      赤ちゃんの大きさや出てくる向きが違うだけでも難産→裂傷拡大などです。
      なので、サボテンさんの疑問にすべてお答えできるとは思いませんが、できる範囲で書きたいと思います。
      まずは分娩時の会陰切開と裂傷についてですが、どのような分娩だったかがわからないので、それを行った主治医や助産師さんは、より安全に赤ちゃんを誕生させるために行った行為だということは一番大事なことだと思います。それをしていなかったら、赤ちゃんなり母体なりがより危険だったと思われます。
      やらなくてもよい医療行為ではなかったのだと信じた方が良いでしょう。
      術後の感覚は、これも個人差が大きな話で、傷が大きい場合1ヵ月健診を超えても痛みや違和感が残ると訴える患者さんがたまにいます。(それほど多くはありません。)
      ただ、かゆみについては、傷の治癒過程でかゆみを生じることがほとんどで、強い痛みでなければあまり心配はしないでいいと思います。
      僕の患者さんにも、「会陰は哺乳類の出産で傷ができやすい場所。原始的な組織なので傷は他の皮膚と比べても治りやすいと思います」と説明しています。
      いつまでも痛みやかゆみが続き、気になって日常生活が送れないような場合、頭の中の神経物質のバランスが崩れた状態(うつ状態など)の可能性も気になります。
      症状が長期間に及ぶなら、産婦人科の主治医に相談することも必要ではないでしょうか?
      満足のいく答えになったでしょうか? 一日でも早く傷が癒え、健康な日常生活が遅れることをお祈りします。 

  6. OKD より:

    十日前に第一子出産を終えた者です。
    切迫早産で3週間入院ののち、退院予定日に陣痛が来たためそのまま無痛分娩で出産となりました。産道が狭かったらしく、鉗子分娩の難産だったと聞いております。その際、右側斜めに会陰切開の処置を受けています。
    産後ずっと陰部に痛みがありましたが、切開の傷そのものについては特に指摘はなく、いきみの際にできた内出血(血腫)があるが自然治癒を待つしかないと言われました。また、切開箇所はしっかり縫合しているため、特に避けるべき行動はないと産後直後より言われていました。
    しかし、退院後も痛みが続き、かゆみも出てきたため改めて受診したところ、切開の傷が開きかけているため、ゲンタシン軟膏を傷痕の周りに塗布し、自然治癒を待つよう言われました。
    現状、円座に座ると傷が開くような感覚と痛みがあり、授乳にも支障が出ているため、なるべく早期に治したいと思っています。
    早期治癒に向け、避けるべき行動(なるべく座らない等)と実践すべき行動(患部を温める/冷やす等)、その他アドバイスがあれば、ぜひ教えていただけないでしょうか。
    本来診察時に聞くべきだったのですが、質問がまとまらず後から気になってしまい、ネットで情報検索していたところ、こちらのサイトを拝見し、コメントさせていただきました。子供のためにも、一刻も早く育児に専念できる体制を整えたいです。
    何卒よろしくお願いいたします。

    直接関係ないかもしれませんが、産後排尿が上手くいっておらず、退院まで導尿してもらっていました。今は自力で出せるようになりましたが、尿意を催したらこまめにトイレに行くようにしていたため(1〜2時間に1回くらい)、便座に座る頻度は高かったです。また、痔持ちであり、産後さらに悪化しかなり大きな内痔核があります。排便時に脱肛するため、指で押し戻すのに毎回5分くらいかかっています。なるべくいきまないよう、マグミットを服用し、便自体は問題ありません。会陰切開の傷は、肛門まで達しないよう斜めに逃げて切ってありますが、割と肛門までの距離は近いです。(1〜2センチ程度)

    • hadasan より:

      OKDさん ご相談の内容ですが、産褥機としてはまだ出産の影響もぬけきらない時期ですので、色々ご心配かと思います。
      実際診察していない僕がコメントすることはあまりするべきではないと思いますが、日数的に考えると、傷についてはこれからだんだん良くなるのではないかと思います。
      無理なことをするのでなければ、裂傷近辺を強く圧迫するとか、長時間座り続けるとかでなければ、傷を愛護的に接するほかは、普通の生活で良いのではないかと思います。
      産後1か月以内では、異常があると思える時は分娩した病院で診てもらうことをお勧めします。
      無診察でのコメントには限界がありまして・・・スミマセン。
      コメントいただいて日数が経っていますので、当時よりもよくなっていることを想像しています(よくなっていなかった受診を!)
      大きな会陰裂傷も時間とともにとてもきれいになるのは、よく目にしていますので・・・

  7. うに より:

    はじめまして。
    会陰裂傷について調べていて、こちらのサイトに出会いました。
    2019年9月に第一子の男の子を吸引分娩で出産しました。予定日を1週間過ぎたことにより、病院(総合病院)の判断で促進剤を投与しての出産となりました。私自身が、痛みに強かったこともあり助産師さんはまだまだお産が進んでいないと思われていたようで、いきみたい波が来たときに分娩台に移動できず、陣痛が遠のいてから分娩室に移り、そこから数時間かけてのお産となりました。最終的には、当直の産科の先生が来て会陰を刺激していきむのを繰り返し、最後は吸引分娩で出産しました。その際、裂傷三度で肛門括約筋も多少損傷しているかもとのことでした。入院中、助産師さん達からは「お産が大変だった人」と可哀想という雰囲気でかなり落ち込みました。退院後も、長時間立つと会陰部分が鬱血したように鈍い痛みのようなものがあり、産後1年経ってようやく少しは立ち仕事をしても大丈夫になりました。ただ、肛門の感覚が鈍い感じがしています。また、排便後にウォシュレットを使用してしっかり拭いても、ショーツにごくごくわずかに便がついてしまいます。
    これは、もう一度診察を受けた方がいいものでしょうか?コロナの時期で、総合病院ということもありなかなか腰が上がらないで毎日もやもやとしています。先生が、会陰部分は他の部分より回復しやすいとのことですが、どのくらい時間が経てば回復するものでしょうか。
    また、第二子を1年以内に考えいますが、今の状態で生む(自然分娩にて)と裂傷が悪化するのではないかという怖さがあります。
    第一子の方が出産は大変とのことですが、このような傷の具合だと第二子のお産も難しいものになりますでしょうか。会陰マッサージをすれば回避できるものでしょうか。
    ご教示頂けると幸いです。

    • hadasan より:

      うにさん はじめまして。
      昨年の出産では、お見受けしたところ予定日超過で、赤ちゃんも大きかったのでしょうか?記載のある時間経過をみても大変だったのではないかと推察します。
      病院によって、妊娠管理、分娩時期、分娩方法は少しずつつがいがあるもので、うにさんの出産された時期や吸引の必要性などは(少ない情報の範囲で思うに)適切な対応だったのではないかと思います。
      会陰裂傷については1年経過して、多量の便失禁とか、腟から便が漏れるなどの明らかな排便機能障害がない限り、患者さんの訴えと診察所見が一致することは少ないかと思います。
      大きな会陰裂傷の後の会陰の違和感(明らかな痛みとかの強い症状ではなく)は多くの妊婦さんが感じるものだと思いますが、同じ診察所見であっても、許容範囲と思う患者さんもいれば、病気の状態だと感じる方もいるでしょう。
      お悩みを解決する可能性があるとすれば、症状が続くのであれば、分娩した病院で一度診察を受けることをお勧めします。何ともないです言われるかもしれませんが、もやもやの解決の助けにはなるのではないでしょうか?
      コロナとはいってもあまり悩まず行動してみた方が良いと思います。
      また、次の出産で、自然分娩にこだわりがあるのでなければ、大きくなりすぎる前に計画だとか、無痛だとかを取り入れている病院にあたってみるのも方法かと思います。
      ただ、ご心配とは思いますが、一般的には第2子のほうが裂傷は小さく済むケースが多いですよ。産道を赤ちゃんが通りやすい状態になっているので。
      次の出産が少しでも安楽にすすみますことをお祈りいたします。

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)