はだ産婦人科クリニック【札幌市/西区・手稲区】無痛分娩にも対応

産科・婦人科・小児科(新生児)・麻酔科

羽田さん通信

緊急帝王切開から5年目のVBAC 

2019年09月21日 | 未分類 | 

2019年9月21日 土曜日 晴れsmiley

気持ちの良い秋晴れの週末
朝夕の気温は10~12度とひんやり寒ささえ感じます。
もうすぐ雪だなぁとしみじみしちゃうのが道産子の性でしょうか。
思えばつい2週間前までは日中の気温が30℃もあったのに・・・

またまた気まぐれ更新の当ブログ
この9月に入ってからは、平日は毎日お産があって、バタバタしてました。
今ちょうどマンパワーが満たされているので少し忙しいくらいがいいかなとも思えます。

そんな中で9月9日にあったお産について、ぼく個人的にも感慨深いものがあったのでひとつご披露。

患者さんは当院の診察券#1のSさん
つまり2013年11月1日に羽田産婦人科医院から現クリニックに生まれ変わって最初の妊婦さん。
僕の前職場・市立札幌病院から無痛分娩希望で37週終わりくらいで来てくれました。
お1人目の出産が普通分娩で、大変すぎて、次は無痛分娩でと希望して来てくれた方です。

当時は自然陣痛に合わせて無痛分娩をするスタイルで、忘れもしない11月11日、予定日5日ほど前に陣痛が来て、子宮口の開きに合わせて硬膜外麻酔を入れて無痛分娩にしたのですが・・・
11月なのに雪深く積もった夜、子宮口全開して、経産婦さんだしあとは産むだけ!ってとこまで行ったんだけど、押しても引いても、ビクともしない。
で、初の出産が、緊急帝王切開になってしまったのです。
まだ使ったこともない手術室。
慣れないスタッフと、新品の機械
赤ちゃんの状態からは急がなきゃいけないし、当院で最もバタバタした一日だといっても過言でない。
そんな一日でした。
開院の時にお手伝いしてくれた業者さんや助手さん、先代の父まで呼び出してなんとか手術にこぎつけて・・・
産まれてきた赤ちゃんは3800gを 超える大きな赤ちゃんで、向きも悪い回旋異常でした。
僕も妻もスタッフも、当院第1号の出産で、気合も入って、一生懸命だったんだけど、開業医としての洗礼を受けた・・・そんな思い出です

そんな思い出深い出産から5年経った頃、前回の壮絶なお産を乗り越え、Sさんがご懐妊され来院されたのです
我々もいろいろな出産に出会って、少しずつ少しずつやり方を変えて、麻酔をしてでも出来るだけ下から出産したいという患者さんたちのご期待に応えられるよう改善してきました。
今のやり方が「完璧」だとは思っていませんが、今できる「最善」と思う方法で5年10カ月前に叶わなかった無痛分娩を今回はうまくいきたいとまたまた気合入れてました

Sさんに朝8時40分に集合してもらい、
9時に診察して子宮口を開く水風船(メトロイリーゼ)を挿入。
帝王切開後経腟分娩なので、慎重に10時から促進剤点滴を最低量から開始して、ゆっくりゆっくり増量。
お昼に痛みがついてきたとのことで診察したら、子宮口は4㎝で水風船が子宮から抜けていました。
その後いったん痛みは軽くなり、そこで硬膜外麻酔施行。
さらに緊張とるお薬で少し眠って、目が覚めたのが14:30
そして一気に進んできて、15:05 無事に元気な赤ちゃんが誕生
「すごい楽でした!」との感想も頂き、お役に立てた事をとても嬉しく思います。

前回のお産のこともあるし、僕としても是非うまくいってほしかったTOLAC(うまくいったからVBAC)と無痛分娩。
胸につかえていたモノが通ってような感覚を覚えたのと、ほっとしたのと・・・
今の当院のやり方では、大きさを程よいところでコントロールして、TOLACでも分娩の進行を慎重に見守り無理せずに・・と思っていますが、良い結果になってホント良かった

Sさんご一家にとっては、久しぶりの赤ちゃん
子育て頑張って、楽しんでくださいね 

“緊急帝王切開から5年目のVBAC ” への6件のコメント

  1. ハル より:

    はだ先生、はじめまして!
    ブログの内容と関係なく、すみません。

    一年半前に、別の産院で出産したのですが、陣痛の痛みが忘れられず、二人目を欲しいものの、なかなか踏み出せずにいます。
    そんな中、はだ先生の評判を耳にし、ブログを過去まで遡って拝見させて頂きました。
    もしかしたら、ここの産院なら、二人目頑張れるのでは?と思い、コメントさせて頂きました。

    いくつか聞きたいことがあるのですが、お時間あるときにお返事頂けたら嬉しいです!

    1人目切迫早産で、25週から管理入院しており、36週に入った日に点滴を抜き、その日のうちに破水→出産しました。
    ①1人目切迫早産だった人でも受け入れてもらうことは可能ですか?
    ②何週からそちらの産院で出産できますか?
    ③37週よりも前に破水や陣痛がきた場合、無痛分娩は可能でしょうか?
    ④家からの距離が結構あるため、もし入院になった際に家族となかなか会えない不安があるのですが、検診や入院など、途中まで違う産院にかかることは可能でしょうか?

    質問が多くすみません(>_<)

    • hadasan より:

      ハルさん はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      1人目のご出産大変だったんですね。
      当院に来院される方の中には、ハルさんの様に、一人目の出産がトラウマになって・・・という方が珍しくありません。
      男性の僕が外から見ていても、出産の痛みってホントに大変だなといつも思います。特に一人目の普通分娩の方。
      無痛分娩といっても、経産婦さんでもある程度は頑張ってもらわないと出産にたどり着くことは難しくなりますが、一人目普通で死ぬ思いをした・・・なんて言う患者さんの話を聞いていると、麻酔をして痛みは1/100とか1/1000とか言ってくれるのをよく耳にします。(もちろん個人差が大きい部分の話です)
      ご質問の件、少しお答えさせていただきます。
      ➀1人目の切迫早産既往の患者さん、当院では対応させてもらっています。経過中に子宮頸管長が短縮したり、開いてきたりして頸管縫縮術を施行したりするケースもあります。長期間の入院安静という場合も。これも皆さん程度や病状によって様々です。
      ②当院での出産管理可能なラインは35週の後半からになります。小児科医1人で管理するとなると安全を確かなものにする為に原則これくらいで見ています。
      ③ちなみに無痛分娩に施行ラインは当院でお産ができる方(つまり35週の後半以降)は、今までの実績的には希望者全員に施術しています。麻酔のタイミングは少しずつ異なりますが、分娩時に麻酔が効いていない状態でのお産はないと思います。
      ④妊娠後半期までの他院でのフォローについてですが、自宅から病院までの距離にもよると思いますが、ハルさんの場合は前回の切迫早産が今回のリスクにもなると思います。リスク評価や対処法は病院によっても違いがあるし方針も異なることが珍しくありません。可能であれば当院で見させていただき、分娩までに医師-患者、スタッフ-患者間の信頼関係構築に前向きでいていただければよりよいと思います。ホント距離にもよりますけどね。
      以上答えになっていたでしょうか?何かありましたら受診いただけると更にお話しできると思います。よろしくお願いいたします。

  2. ハル より:

    お忙しい中、とても丁寧にお返事頂き、本当にありがとうございます。

    遠いと言っても車で一時間程かと思います。
    万が一長期入院となった時に、家族が大変かな?と思い質問させて頂きました。
    家族とよく話し合って考えたいと思います。

    なかなか前向きに次の妊娠・出産を考えられずにいたところ、はださんのような産科があることを知り、とても励みになります。

    何かありましたら、行かせて頂ければと思いますので、その際は宜しくお願いしますm(__)m

    • hadasan より:

      ハルさん ご返信ありがとうございます。
      お産の痛みについては、大丈夫です!
      少しの覚悟と、少しの乗り越える気持ちと麻酔があれば… (^^♪
      願いがかなって良い方向に、行きますようにお祈りしています。

  3. S.A より:

    先生こんにちは‼︎
    ブログ見ましたー‼︎
    先生のブログを読んで私も5年前の出産を思い出しました。
    あの時はどうなるんだろうと不安でしたが、先生・美保先生・スタッフのみなさんのお陰で乗り越えられた出産だったと感謝しています。
    今回の妊娠も嬉しかった反面、2人目の出産から5年あいているのと、年齢的なものと、ひどいつわりで心が折れそうになり、出産の事を考えると不安になり眠れない日もありました。
    でも健診に行くたびに先生やスタッフのみなさんに元気をもらえて、頑張ろう‼︎と思えるようになりました。
    今回の出産は念願の無痛分娩が出来て、本当に先生には感謝しかないです。本当に楽な出産でした‼︎そして先生お疲れの中、お茶会に参加出来たのも嬉しかったです。入院生活が最高すぎて、退院の日は少し寂しい気持ちになりました。
    5年ぶりにお世話になりましたが、羽田産婦人科クリニックは先生・スタッフのみなさんの温かさに包まれていて、安心して出産出来る病院だと改めて思いました。
    本当にありがとうございました。
    5年ぶりの新生児めっちゃ可愛いです‼︎子育て頑張ります‼︎

    • hadasan より:

      SAさん 元気に子育て頑張ってますね!?
      病院を経営していると色々なお産や、患者さん、家族、業者さんなどなどいろんな人と出会って、あっという間に時が過ぎて・・・
      当院の患者さんとして第1号のSAさんのご家族に、今回少しでも力になれたなら、大変うれしく思います。
      ぼく個人としても5年前の忘れ物を、また取り戻せたような感じがして・・・
      こういった体験って、医者と患者さんとの関係が良いのももちろんだけど、うちのスタッフが同じ方向を向いて頑張ってくれている点が大きいと思います。
      皆さんに感謝です。
      これからも、長くSAさんにご贔屓(ひいき)にしていただけるクリニックでいられるよう頑張ります!

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)