はだ産婦人科クリニック【札幌市/西区・手稲区】無痛分娩にも対応

産科・婦人科・小児科(新生児)・麻酔科

羽田さん通信

怒涛の9月とシルバーウィーク

2015年09月21日 | 未分類 | 

2015年9月21日 月 敬老の日 晴れのち雨

夜の風がヒンヤリと顔をなでる9月の北海道
このひんやり感たまりません
秋だな~と感じ物悲しい気もしますが、汗っかきの肥満体としては暑さからの解放が何とも心地よい今日この頃です

本州はまだ暖かいでしょうけど、北海道の皆さんは急な気温の変化に風邪などひいていませんか?

さて、とてもご無沙汰してしまいました羽田さん通信
決してサボっていたわけでは・・・

8月末から9月中旬にかけて、当院としては開院以来の忙しさと言ってもよいくらいにあわただしくしてました。
外来はコンスタントに30-40人は来てくれて、ちょっとお待たせしてしまう場面も・・・
スミマセン

最近の外来の忙しさ、お隣の小樽市で総合病院が分娩取り扱いをやめた影響が徐々に出てきているような印象です。
人口12万という小樽で分娩施設が1つになってしまい、その病院さんも飽和状態なんじゃないですかね?
同じ個人でやってる産科医としては大変だろうな~と他人事とは思えません。
(当院はまだまだゆとりあるんですけどね

そして入院のほうでは、長期入院の切迫早産妊婦さんたちがまとめて(?)生まれてしまいまして・・・
産まれるときは安産+スピード出産な方が多くてバタバタ
無事にいい週数を迎えてくれての出産なのでめでたしめでたしっていうのがいいことですが、退院してしまった今となっては病院自体が、常連さんが居なくなると少しさみしい気さえします

そして3日前は無痛分娩希望の妊婦さんがいろいろあって緊急帝王切開に

シルバーウィークに入った途端お産もなくなり静かな日々を送ることができて、やっとPCに向かうことができたって状況です。

お産に波がなければ何とも体には優しいのですが・・・
この休日も、あまり遠くには行けず、お留守番生活の開業医の秋 でございます・・・

“怒涛の9月とシルバーウィーク” への2件のコメント

  1. 頭でっかちくんの母 より:

    先生、こんにちは。
    夜中にバタバタとスピード出産した切迫患者です^_^
    退院して早2週間がたちました。
    新米ママは、息子の一挙手一投足に不安になったり、喜んだり、、慌ただしくも幸せな日々を過ごしております^_^

    長い入院生活、大変お世話になりました。
    突然の入院宣告、不安と絶望のなか始まりましたが、終わってみればあっという間、本当に本っ当に楽しい日々でした。
    お茶会や看護師さん達とのおしゃべり、毎日必ず病室に顔を出してくれる先生とのやりとり、、私たち長期入院患者にとっては、日々の楽しみであり、生き甲斐でした‼︎
    また、産後もいろいろなフォローをしていただき、主人と共に、本当に感謝しております。
    先生、美保先生、看護師さんをはじめ、はだ産婦人科のすべてのスタッフの方、そして入院生活を共にした切迫仲間と出会えたことは、私にとって一生の宝です^_^
    はだ産婦人科で、初めての妊娠出産を経験でき、本当に良かったと、心から思っております。
    次の機会があれば、その時も必ず先生にお願いしたいと思います。
    できるだけ近い将来、また皆さんにお会いできることを楽しみに、まずは初めての子育てを楽しみながら頑張ります‼︎
    いつまでも変わらず、アットホームな産院でいてくださいね♡

    • hadasan より:

      頭でっかち君の母さん 
      われわれ病院関係者にとって心温まるメッセージをいただきありがとうございます。
      何より切迫で長い間の苦痛な入院生活耐え、元気なお子さんを生んでくださったことが、当院スタッフにとっても何よの喜びです。(^_^)
      切迫早産の退屈な入院の、できる範囲でのサポートになればと思い始めたお茶会ですが、入院患者さん同士の情報交流の場になってくれていると思うと意味もあるかな~と思い夜の看護師さんたちに協力してもらってます。
      うちのいいところは誰も嫌な顔をしないで手伝ってくれるとこです!(^^)!
      世知辛くなったといわれる世間ですが、一番大事な人間関係を大事にしていきたいと考えつつ、これからは産後のお母さんとのつながりも大事に、少しずついろいろ企画していきたいと思いますので末永いおつきあいをしていただけると幸いです。

      まずは、大変なところもあると思いますが子育て楽しんでくださいね。

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)