はだ産婦人科クリニック【札幌市/西区・手稲区】無痛分娩にも対応

産科・婦人科・小児科(新生児)・麻酔科

羽田さん通信

よくある(?)一開業医のちょっとしたお悩み

2018年12月07日 | 未分類 | 

2018年12月7日 金 雪laugh

12月に入り、昨日ようやく雪が積もりました。

3日前は最高気温が15℃
地球がおかしくなったんじゃないかと思いましたが、昨日から降り始めた雪が10㎝くらいは積もって、外では今年初めて除雪車が動いてます。

当院は11月の開院以来最大の忙しさがひと段落して、急に入院患者さんが減りました。
先月の3件の救命センター搬送と7件の緊急帝王切開、シロッカー手術などもあって、職員のみんなちょっとつかれが出てました。
僕もなんですけどね~

入院患者さんが少なくなって、先月の忙しかった分の休憩・・・
と割り切ってはいますが、クリニック経営者としては患者さんが少なすぎるとなんだか心細くなってきます。
中々うまいこと平均化されないんですよね~

これが一開業医の悩み その1

その2 としては・・・
当院スタッフがこの12月中に1人退職されます。
今年務めてくれたパートさんなのですが、穏やかなお人柄で、長く勤めてくれたらいいなぁと思っていた方なので残念ですが、ご家庭の事情なので無理に引き留められないのがつらいところです。
そしてもう一人。
開院当初から当院の受付を守ってくれていたMさんも、3月で新たな挑戦に向けてお仕事辞めたいと申し出が・・・
もうショックです

お二人ともこれまでの仕事については、少数精鋭の一員として、とても力になってくれたことは感謝に尽きません.
この度は、さらに「少数」がよりピンチに陥るってことに配慮してもらって、退職時期を少し伸ばしてもらったりして、重ね重ね感謝です。
ホント良い人に勤めていただいた・・・

スタッフが辞めちゃうのって、それぞれの人生設計があったり、家族との生活があったりで、雇用している側の意図しているモノとは違うのは当然と理解していますが・・・
(裏にはこの病院に勤めていて、何か引っかかることでもあったのかな~とか、ちょっとネクラなバージョンの僕は、ひそかに思い巡らせているんですけど・・・

医療の安全、チーム医療の雰囲気、経営の安定、様々な要素を考えて人員をうまく配置することの難しさ。
これが開業医の悩みの1番かもしれません。

幸い1月から新たな看護師さんの就職はご応募いただき、期待の新人がまたこのチームに参加してくれることになりました。
でも、事務の方はまだ見当がついていないので、何とかMさんがいる間に良い方にめぐり逢えたらなぁと願っております。

 

求人に応募いただける方はこのホームページ内の「採用情報」からご一報いただければ嬉しいです
こんな状況でも長く働いてほしかったり、雰囲気を大事にしたいので、人材派遣会社さん経由の紹介は受けていないのでスミマセン
明るく優しい医療事務希望の方!お話だけでも聞きたいという方も是非ご連絡お待ちしております。
ちなみに医療事務経験は問いません。

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)