はだ産婦人科クリニック【札幌市/西区・手稲区】無痛分娩にも対応

産科・婦人科・小児科(新生児)・麻酔科

羽田さん通信

令和新時代の幕開け GW谷間はてんてこまいでした

2019年05月02日 | 未分類 | 

2019(令和元)年5月2日 木曜 曇り時々雨sadwink

昨日、日本国は新しい元号「令和」の時代に入りました。

天気は曇りと小雨
寒くなったりあたたかくなったりの札幌です。

巷は10連休と賑わっているようですが、医療機関(特に入院ありの)は休みなし。
職員にも申し訳ない思いを持ちながら、天皇陛下即位の日を挟んだ4月30日と今日5月2日は外来診療ありで、働いてもらうことにしました。
僕は病院に患者さんがいる限り休みなしです・・・当然ながら

5月1日に当院でも令和baby 第1号が誕生しました
切迫でしばらくの間入院していて、新元号で産みたい!と希望していた妊婦さん。
計画無痛分娩で無事出産
テレビ局の取材依頼も数局来ていたのですが、患者さんの意向でお断りさせていただきました。

どのテレビ局も、令和初○○みたいなのやってましたよね~
平成最後とは1日しか違いないけど、全く別物みたいに報道されて、なんかミーハーに感じてしまうのは、僕がおっさんだからなのでしょうか?
(ミーハーって最近あまり聞かないですね。そういえば)

こういった連休谷間の今日みたいな日は予想通りに忙しい
外来予約患者さんで50件
産婦人科の患者さん、半分は経腟・経腹エコーが必須です。
組織検査とか術前検査みたいな時間のかかる検査や、妊娠初期の説明などに人手と時間がかかるとなかなか大変です・・・
さらにGWで里帰り中の新患さんの分娩予約とか、無痛分娩の話を聞きたいといった方も結構受診に来てくれても外来診療はバタバタでした。
(昔の父の時代とか1日100人見てたという話聞いてましたけど、無理だな~

そして今日は、令和の初手術が昼の時間に急きょ入り、大忙しに拍車が
今日の手術は妊娠高血圧の急激な進行が見られる患者さん。
妊娠35週が見えた先週から血圧がドカンと上がってきて、降圧薬を使いながら昨日から入院管理させてもらいました。
入院してからも血圧は高くて今日、ほぼ予想されたモノではありましたが、緊急帝王切開を早産週数だけど母体適応で施行しました。
もちろん当院の小児科医の許可を得て

手術は順調に終了したけど、その横のLDR室ではもう1人経腟無痛分娩の方も頑張っていて・・・

4月から後藤先生が来てくれたので、外来を進めながら手術の麻酔開始したり、手術も終わりに近づいたころ、後藤先生と分かれて無痛分娩の硬膜外麻酔に取り掛かることが出来ました。
外来患者さんを待たせる時間も少なくできるという点からも、複数の医者で診療するのってやはり余裕があるなぁと実感できたことが良かったし、やはり計画分娩を成功させて時間と人員をしっかり配置することが安全な分娩・安全な医療への必要条件だと感じました。

今日一日を振り返るとなかなかの疲労感でした
長い連休は病院混むし、個人的にはいらないかな?

もう連休は後半戦。
僕はお留守番の身ですので、皆さんの楽し気な休日を横目にみて、事故のないようにお祈りしています

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)