はだ産婦人科クリニック【札幌市/西区・手稲区】無痛分娩にも対応

産科・婦人科・小児科(新生児)・麻酔科

羽田さん通信

育休も明けまして・・・春です! 

2019年04月10日 | 未分類 | 

2019年4月10日 晴れsmiley

今日の札幌は晴天
だけど風は強くて、寒さは十分感じます。

北海道の春はもう少し先かな?と思っていたら、朝はしっかり塊で残っていた庭の雪が、夕方には手で持ち上げられるくらいの大きさにまで小さくなってました。
我が家の完全な雪解けは明日になりそうですlaugh

今日は当クリニックで春らしいニュース
後藤先生の産休・育休明け復帰の日になりました

市立札幌病院から当クリニックに来てくれた去年の4月
1カ月間働いて、5月から産休に入り、6月に出産を経て、満を持しての職場復帰
育休中も手術を手伝いに来てくれたりして、月に2-3回は赤ちゃんの面倒を見ながら病院に顔出してくれていました。
ホント助かります

当院の事情的には、前院長の父が、後藤先生の赴任を待つような形で、今のメインのお仕事の老健施設のほうが忙しくなってしまいました。
以前は緊急呼び出しでも、前院長が70歳を超えた高齢を押して「出来るときは行くよ」って言ってくれていたのでお願いしていたのですが・・・
今ではなかなか当院に手をかけられない状況で・・・

後藤先生は市立病院で一緒に仕事してきた仲間として、お互いに手の内をよく知った先生
緊急呼び出しにも、すぐ駆けつけてくれて、大変助かりました。
小さな子供がいるとホントに大変そう
(緊急手術は、たまに一人でやらなきゃ間に合わない!っていう帝王切開もあるんですけど・・・)

今回の育休明けも、なかなか保育園の空きがなくて、早く戻りたいと言ってくれていたのに、ずいぶんかかってしまいました。

札幌みたいな都会でも、小さい子供がいながら仕事に戻れないお母さんってホントに多いんですよね。
昔だったら、おばあちゃんが「家にいるから見るよ」・・・みたいな家も多かったと思うけど、今はおばあちゃんも若いとバリバリ仕事してたりするし、保育園への依存度も上がるよな~
社会のためとか考えたら、働きたくても働けない原因が保育園というのなら、何とかして社会や経済にもよい方向を作って上がられないものかと思いますが・・・
ちょうど地方選挙終わったばかりだけど、票の多い高齢者ばかりに目を向けた政策ではなくて、これからの社会を支えていく世代を考えた政策を強調してほしいと思います。

ちょっと脈絡ない記事になってきてしまいました

何はともあれ、春を迎えて「はだ産婦人科クリニック」は、ますますパワーアップしていきます

“育休も明けまして・・・春です! ” への2件のコメント

  1. かまだゆきこ より:

    昨年2月22日にお世話になりました鎌田です。
    先生にご報告とお礼をしたく、こちらにコメントさせていただきました。

    2月3日に無事に男の子を出産することができました。
    38週5日、自然分娩、体重3230gで元気に産まれてきてくれました。
    妊娠中はやはり不安が絶えませんでしたが、どこかで「この子は大丈夫」という気持ちも常にありました。
    家族で迎えられる日を選んできてくれ、なによりも安産で、産まれた時から親孝行な子です。

    こうしてこの子を授かることができたのは、本当に先生のおかげです。
    あの時先生が適切に対応してくださり、そして力強い言葉を頂いたから沈みこまずにいられました。
    昨年6月には主人と一緒に駆け込み診ていただきましたが、その際も先生とお話をしたことで不安を和らげることができました。
    その後は主人と「来てよかったね」と言いながら帰りました。

    転勤で札幌を離れてしまいましたが、先生にお世話になったことは生涯忘れることはありませんし、また子供たちを連れて札幌を訪れたいと思っています。
    今は幸せを感じながら2人の育児をして過ごしております。大切に育てていきたいと思います。
    本当にありがとうございました。

    • hadasan より:

      かまだゆきこさん ご連絡ありがとうございます。
      新しいご家族の誕生 おめでとうございます!!
      色々不安もあったことと思いますが、ご夫婦で乗り越えてたどり着いた「今」を楽しんください。
      ご報告とっても嬉しいです(^^♪
      是非、札幌に来たときはお寄りください。
      鎌田さんご一家がますます幸せに包まれるよう祈り、応援しています。

hadasan への返信

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)